トップページ > 記事閲覧
『My Precious Little Home』/Seven Sisters
日時: 2009/10/21 23:29
名前: tamb

 キミちゃんシリーズの新作は、あろうことかレイがベッドの下からアダルトビデオを発
見してしまうことから始まる波乱のお話。

 シンジ君がうかつである(笑)。
 仮にこの話の時間軸を「Four Years Later」と同じに取ってキミちゃん7歳、ユリちゃ
ん3歳とすると、家族4人で寝ていると考えるのがナチュラルであると思われる。子供たち
は子供部屋、夫婦は夫婦の寝室であるという線も充分ありえるが、レイと子供たちがひと
つのベッドで、シンジだけ別というのは考え難い。つまり、いずれにしろシンジとレイは
同じベッドで寝ているはずである。夫婦で寝てるベッドの下にビデオ隠すか?(笑) ある
いはその方がかえって見つかりにくいとでも思ったのか……。

 ビデオを発見したレイの怒りは凄まじい。ちょっとお昼寝のぽかぽか気分からの落差に
は恐怖すら感じる。しかし、レイも含めてだが、世の女性はなぜこの手のビデオにあんな
にもナーバスなのかと強く疑問を感じるが、これについて掘り下げると墓穴を掘るので割
愛させていただく。

> 「実家に帰るわ」
> 「実家って、どこのことだよ」
> 「あなたには関係ない」

 ここは笑った。

 孫大好き爺バカのゲンドウ。ぶっちゃけた話が、実の息子より義理の娘を寵愛する父親
は実在する(笑)。

> 「手際良くやって、レイちゃんに見つからなければ問題ないと、そういうことですか?」

 問題ないような気もするが(爆)、やはり問題があると思われる。たぶん。つか、どんな
ビデオかにもよるよな。

 でもって、結局はトウジから預かったものだと告白して事なきをえるわけだが、

> 僕たちも何か応用できないかなって

 応用するのか!

> そういう研究なら、私がするから

 研究するのかよ!(爆)

 この後のやりとりや少し前の「青っぽいポロシャツ」関連の回想シーンも含め、やっぱ
りこの二人は子供が出来てもバカップル的な雰囲気を醸し出しているのだが、結局の所、
シンジが守りたいのは家族の幸せな笑顔であるという、そういう話なのであろうと思う。
それは、やっぱりラミエル戦後の笑顔にやられたのであろうシンジらしい。レイには、些
細な事ですぐ怒ったり旦那をバカにしたり無視したり収入の低さを嘆いたりすることなく、
何でもシンジに相談して、いつも笑顔でいて欲しいと思う。いや、決して我が身を振り返
って書いているわけではなく。

作品はこちら。
http://tamb.cube-web.net/cont/seven/seven08a.htm
http://tamb.cube-web.net/cont/seven/seven08b.htm


 最後に――未成年及び女子の方には申し訳ないが――書いておきたい。それから、私が
14歳の美少女であるということもとりあえず忘れていただく。
 セカンドインパクトよりもっと前のAVには、たとえそれが演出による贋物であったとし
ても、愛があったと思う。これは当時の私がまだ若かったということを割り引いたとして
も、やはり真実だと思う。確かに今の女優さんはとても可愛いかったり綺麗だったりする
が、そこには肉欲しか感じられない。とりあえずあの顔射という文化はなんとかならんも
のか。良きにつけ悪しきにつけ青少年はその手の映像からいろいろな事を学ぶわけで、や
はり私はこの国の将来に対して憂慮せざるをえない。
 念のために書いておく。顔射されて喜ぶ女性は極少数であり、通常行われることではな
い。よな? 今でも?

メンテ

Page: 1 |

Re: 『My Precious Little Home』/Seven Sisters ( No.1 )
日時: 2009/10/22 12:54
名前: JUN

待ってました!
Seven Sistersさんの新作!!
個人的にゲンドウとユイのやり取りはツボ
相変わらずハイクオリティーな文章には脱帽!
またよろしくお願いしますねm(_ _)m
次回も期待してます。
メンテ
Re: 『My Precious Little Home』/Seven Sisters ( No.2 )
日時: 2009/10/22 18:51
名前: タン塩

セカンドインパクト後のAV機器は何なんだろう。ブルーレイの次の世代ぐらい?
いや待てよ、多分2025年から30年ぐらいの話だからその次?VHSは今の8ミリ
ぐらいの感覚だろうか。

何にしろ雨降って地固まるでよかったよかった。やっぱり二人の娘は祖父母に
預けてデートでしょうか。

とサラっと読み流していたら、某巨大掲示板の指摘を見て考え込んでしまった。
それは言うまでもなく『自爆』。母になったレイは三人目なのか?キミちゃんと
出会って変わったレイは死んでしまったのか?せつない……。
メンテ
Re: 『My Precious Little Home』/Seven Sisters ( No.3 )
日時: 2009/10/26 00:29
名前: calu


caluです。『My Precious Little Home』拝読させていただきました。有り難うございました。
実は先週から、遅ればせながら『kimiの名は』シリーズを読ませて頂いておりまして、今回の
作品は私にとっては、絶妙のタイミングでの新作だったのです。
Seven Sistersさんの作品全体に共通しますが、ストーリー性の高さとその文章の巧さに、やは
り引き込まれてしまいました。今後、アスカとカヲルとの急速な展開も期待できそうですが、
碇家や鈴原家がどのように関わってくるのか。どんなstoryが織り成されていくやら……これから
の展開をとても楽しみにしております。

因みに、今回レイが実家(?)に帰る際に運転していた車は、あのタイムマシン(多分、デロリ
アン?)なのでしょうか? うーん、非常に目立ちますよね(^^;)

ps. これまた、いまさらで恐縮なのですが、『kimiの名は』シリーズの表紙のtamaさんの絵、最高ですよね。
  いつ見ても、じーーーん、と来てしまうのです。
メンテ
Re: 『My Precious Little Home』/Seven Sisters ( No.4 )
日時: 2009/10/27 01:59
名前: Seven Sisters

ということで、リハビリ作第二弾でした。

■tambさん
一応この話のテーマは、今ある幸せを大切に、というものでした。やはり、何かしらのテーマがあると
話を構成しやすいなという感はあります。

この作品内で明記はしてませんが、一応夫婦と子供
たちの寝室は別である、というのが私の脳内設定で
す。子供たちは二段ベッドか何かで仲良く寝ている光景など想像していただければ。

ベッドの下にモノを隠すシンジ君は確かに迂闊。しかしながら、これは家の大きさやパートナーの性格
にもよると思われますが、結婚または同棲生活において、自分だけの絶対領域を作るのは至難の業であ
ると思います。きっとシンジ君も切羽詰まってのことでありましょう(^^;

■JUNさん
読んでいただきありがとうございます。
私はもともと遅筆なところに、最近は仕事やら何やらが絡み、益々物を書くスピードは停滞気味なので
すが、これからものんびりゆっくりやっていきたいと思います。
また読んでいただければ嬉しいです。

■タン塩さん
自爆に関しては、う〜ん、一応自分の中の設定では「そういうこと」になっています。が、kimiシリー
ズにおいて、その辺のことを書くことはないと思います。よって、読み手の方の脳内補完で、如何様に
とっていただいてもよろしいかと。自爆したとは書いていても、それでレイが三人目になった、とまで
は明言していませんので……というのはちょっと苦しいか(--;

■caluさん
レイの乗っていた車ですが、子供と一緒に乗れる車ということで、普通のファミリーカーを想定してい
たのですが、デロリアンというのも面白いかもしれませんね。あれで街中を走ったら、すごく目立ちそ
うです(笑)

kimiシリーズに関しては、昔考えたネタもいくつかあることはあるのですが、次は少し方向性の違うも
のを書いてみようかなと思っています。もっとも、天性の遅筆なもので、時間はたくさんかかりそうで
すが(^^;

また、kimi本編の方まで読んでいただいて恐縮です。あれを書いて一番良かったなと思うのは、tama
さんの描くあの絵を頂けたことだと思っています。手前味噌な部分を差し引いても、あの絵は本当に素
晴らしいですよね。

以前tamaさんは、読者のキミちゃんのイメージを変に縛らないため、あえて向こうを向いている構図に
した、というようなことを言っていたと記憶していますが、作者の私にしてみれば、あれこそがキミち
ゃんであると断言できます。

メンテ
Re: 『My Precious Little Home』/Seven Sisters ( No.5 )
日時: 2009/11/04 02:59
名前: クロミツ

久しぶりのkimiちゃんの新作、いいですね〜。

相変わらずふたりはラブラブです。もう二人の子供がいる年齢なのに、
読んでいて思い浮かぶビジュアルはなぜか14歳の頃のまま。というか、
やはりtamaさんのイラストレーションのイメージが大きいですね。

しかし、碇家の主導権はレイが握っているのはまぁデフォとして(笑)、
今回は二人の子どもからも咎められ、家庭内でのシンジくんの立場がちょっと
心配です。キミちゃんもユリちゃんも母親側につくのは当然ですが、ゲンドウ
にだけは取られないよう、頑張れお父さん!(笑)


ところで、このお話で、ひとつだけ不満があります。
今回の騒動の元凶たるトウジにお咎め無しなのはいかがなものかと。(爆)
いや、やはり、レイをあれだけ悲しませたら有罪でしょう!厳罰に処しても
いいくらいです。まあ、レイは告げ口などという真似はしないでしょうが、
因果はめぐりめぐるものだということを、トウジも身をもって知るべきです。

…などと、さりげなく後日譚を期待したりして。(^^;)

メンテ
Re: 『My Precious Little Home』/Seven Sisters ( No.6 )
日時: 2009/11/09 05:20
名前: Seven Sisters

■クロミツさん

おお、ご無沙汰しております。感想いただきありがとうございました。

caluさんやクロミツさんのコメントを受けて、改めてtamaさんのイラストを見てみたわけなのですが、
やっぱりあれはいいですね。
萌え的観点からもそうなのでしょうが、作者的な視点からいいますと、キミちゃんという、ある意味難
しいオリジナルキャラを、視覚的にイメージしやすくしてくれたあの絵には感謝することしきりです。

シンジ君の家庭内の立場ですが(笑)
kimiシリーズには、いくつかローカルに埋もれた話もありまして、その中の一つでは、ユリちゃんはパ
パっ子であるという設定もありました。今回はレイのあまりの剣幕に流されたところもあるのではない
かと(笑)

トウジですが、天罰?が下るのは時間の問題でしょう。
ああいう類の物って、隠し通すのは至難の業だと思うのは、私だけでしょうか?(^^;

そんなこんなですが、クロミツさんの復活作も首を長くしてお待ちしてます。
メンテ

Page: 1 |

題名 スレッドをトップへソート
名前
E-Mail
URL
画像添付
JPEG/GIF/PNG



動画URL  YouTube】【ニコニコ動画】【ClipCast】【LiveLeak】の動画を貼れます
パスワード (記事メンテ時に使用)
投稿キー (投稿時 投稿キー を入力してください)
コメント

   クッキー保存