トップページ > 記事閲覧
許してあげる
日時: 2009/12/28 00:24
名前: tamb

 2ちゃんからの再掲シリーズその3。初出は「落ち着いてLRS小説を投下するスレ7」の
108〜110。直前の103〜104氏の怒ってるレイでキスというネタがあまりに可愛かったので、
同じネタで書いてみた。スレの皆様とパクリを了承してくれた同氏に感謝します。

メンテ

Page: 1 |

Re: 許してあげる ( No.1 )
日時: 2009/12/28 00:25
名前: tamb

 綾波が怒ってる。それも、かなり。

「そう? いつもと同じだと思うけど?」

 アスカには分からない。ミサトさんにもリツコさんにも分からないだろう。
 でも、僕には分かる。僕にしか分からない。
 綾波が怒ってる。
 原因は僕だろうか。僕が何かしたのだろうか。分からない。

「綾波、待ってよ。一緒に帰ろう」

 僕は何も気づかない振りで、そう声をかける。彼女は僕を無視してすたすたと歩き出す。

「ねえ綾波、ご機嫌ななめ?」

 玄関で追いつき、少しおどけた感じで言ってみる。彼女が振り向き、僕を睨みつけた。

「ええ、とても」

 彼女がはじめて見せてくれた反応。それはあまりに冷たく、僕をたじろがせた。

「ど、どうして?」
「知らない」

 彼女は再びそっぽを向き、靴を履き替え始めた。取り付く島もないとはこのことだ。

「僕に悪いところがあったなら直すよ。だから教えて」

 綾波が再び僕を睨む。

「わからないの?」
「ごめん。わからないんだ」
「本当に?」
「ごめん」
「碇くん、洞木さんと仲が良すぎるの」
「……へ?」

 僕が委員長と仲がいい? 寝耳に水とはこのことだ。

「洞木さんとお付き合いするといいわ。さよなら」
「ち、ちょっと待ってよ」僕は慌てて言った。「身に覚えがないんだ」
「昼休み、私のことはほったらかしで、洞木さんと仲良く話をしてたわ」
「あ……」

 彼女はまた僕を睨んだ。僕は思わず笑いそうになってしまった。

「あれはさ、くせのないお肉料理を教えてもらってたんだ。ほら、綾波ってお肉食べない
だろ? でも、挑戦だけはして欲しいなって思って」
「……」
「鳥のささみがいいんじゃないかって。カレー粉とにんにくで焼き揚げたらいいんじゃな
いかってアイディアを出してくれたんだ。作り方を教えてもらってたら話が長くなって」
「……本当?」

 少し上目遣いに、疑い深そうに言う。

「ほんとだよ。委員長に聞いてみてもいいよ」
「本当なら、許してあげてもいいわ」
「ほんとだってば」
「じゃあ――」

 綾波は眼を閉じ、軽く上を向いた。彼女がキスをねだる時のポーズ。

「こ、ここで?」
「……」
「みんな見てるよ?」
「……」

 綾波は答えない。私には関係ない、心の中でそう言っているのだろう。
 僕は覚悟を決めた。
 両手で綾波の頬を軽くはさむようにして、口づけた。唇を触れ合わせるだけで、でも少
し長めに、十秒。綾波が僕の肩に手を回してきた。もう十秒。そこで離れて、見詰め合う。

「おおおおお〜」

 クラスのみんなのどよめきが聞こえる。でも、もう僕には関係ない。
 綾波は逆に頬を赤くしてる。それがやたらと可愛かった。

「行きましょう」

 彼女が僕の腕を取り、半ば引っ張るようにして言う。今になって恥ずかしくなったのだ
ろうか。

「どこに行くの?」
「スーパー。鳥のささみ、買うんでしょう?」

メンテ
Re: 許してあげる ( No.2 )
日時: 2010/01/19 19:48
名前: タン塩

このネタ、書こうと思ったけど書けなかった。拗ねる綾波はいいですね。
メンテ

Page: 1 |

題名 スレッドをトップへソート
名前
E-Mail
URL
画像添付
JPEG/GIF/PNG



動画URL  YouTube】【ニコニコ動画】【ClipCast】【LiveLeak】の動画を貼れます
パスワード (記事メンテ時に使用)
投稿キー (投稿時 投稿キー を入力してください)
コメント

   クッキー保存