トップページ > 記事閲覧
指定席 100913
日時: 2010/09/13 01:03
名前: aba-m.a-kkv






「鳥になるのも、いいねえ」


窓に寄りかかって空を見上げると、青空の向こうに鳥の群れのシルエットが見えて僕はそう呟いた。







指定席  100913   aba-m.a-kkv 







「あれだけ広い空を、ああも自由に飛び回れるんだからね」


そう言って振り返ると亜麻色の髪を冠した僕のパートナーが頬杖を付きながら眠たそうに相槌を打つ。

確かに、この昼下がりの陽気は眠気を誘うには十分だ。

暑い夏も過ぎて、肌の上を滑る風も心地よく涼しい。


「あるいは魚というのも面白そうだ」


空色を海に重ねながら僕は、そんな彼女の状態には特に気を留めない振りをして言葉を続ける。

空に生きるものと来れば、次は海の生き物だろう。

あの日の僕たちと彼らの選択で、赤い海もいまでは本来の色を取り戻している。


「陸よりも広大なあの海を、しかもあの水の中をああも優雅に泳ぎ回れるんだからね」


再び、空から彼女のほうへと視線を向ける。

うつ伏せに寝そべった彼女の表情は読み取れないが、せっかくの昼寝を止められてイライラしているのはわかる。

返す返事もさっきよりぞんざいになった。


「近所の猫を見ていると、それもいいかなと思うね」


アスカのボルテージが上がっていくのを掌の上に転がしながら、僕は更に繋げていく。

今度は空を見たりしない。

ただ彼女の姿だけを見つめる。


「あんな風に気ままに自分勝手に生きれるなら」


あんたねえ! いいないいなってバカじゃないの! 何かが切れた音がしたと思ったのと同時に、彼女が声を荒げて顔をあげた。

そんなにアタシとの昼寝が嫌なら、鳥でも魚でも猫にでもなったらいいじゃない!

そんな彼女に僕は笑顔を返す。

そうやって声をあげてくれるのは僕を想ってくれている証だから。

だから僕は紡ぐことにする、心の奥底でいつも抱いている想いを、いつも伝えていたいことを。


「でも、すべての存在は自らの生まれを選ぶことはできない」


彼女がキョトンとして言葉を止めた。

僕の雰囲気を感じ取ったのか無意識のうちか、耳を向けてくれる。

それを見とめてから、僕は続けた。


「鳥も魚も猫も人も、それぞれに良く、それぞれに悲しく、でもどの存在もその生まれを選ぶことはできない。

 それはそのはじめの存在がどれもゼロだからだ。

 単体である使徒は、群体の誕生連鎖に縛られるものではないけれど、自らが生まれたという部分では人も動物も使徒も変わりはしない。

 死は選べても生を選べはしないんだ」


一つ息を区切る。

そして一つ閉じた瞼の裏に、刹那、あの日あの時の光景を映した。


「ただ唯一、僕の存在だったものを除いて」


彼女が目を見開いて僕の目を見る。

羽織っていたブランケットを滑り落として上半身を起こした。

その喉笛からは問いの音が漏れる。

僕は窓際から立ち上がって彼女のすぐ傍に腰を下ろした。

彼女の綺麗な亜麻色の髪に指を差し入れる。


「生まれることは生きることだ。

 自らの意思で生きることを選べた僕は、ヒトとして生まれることを選べたんだ。

 人も使徒も選べなかったものを。

 君が赦してくれたから、僕はここにいる。

 君のおかげだ」


彼女が頬を染め、青い眸を揺らして僕の名を呼んでくれる。

その声を聞くと、その眸を見ると、その欠けた心に欠けた心を重ねると、この場所、彼女の傍らにいることの大切さと愛しさが込み上げる。


「でもその意味では、アスカの子供みたいなものと言えるかもしれないね」


僕が冗談混じりに言うと、彼女は頬を膨らませて、バカ、そう呟いた。

僕は笑顔を零しながら、ブランケットを彼女に掛け直しその隣に横になる。


「いや、やっぱり子供なんていうのは嫌だな。

 やはり君の傍がいい、心が密着するほどの距離が。

 せっかく手に入れたこの位置を手離せはしない。

 だから、いいなと思うだけだ」


亜麻色の髪を梳きながら、その頬へと滑り下ろす。

そして重ねる間際に彼女の耳元で囁いた。

すべてを静穏に落とし込む前に。



「君の傍ほどのものはないよ」







カヲル君へ、今年一年お世話になりました。この一年もよろしく。




メンテ

Page: 1 |

Re: 指定席 100913 ( No.1 )
日時: 2010/09/14 20:52
名前: のの

メールにはちゃんと感想を書かなかったのでこっちに。

まあなんつうか、やっぱねえ、流石なんですよ。
特に最初がちょっと映画的で、窓の外を見上げたカヲル君のバストアップからカメラが引いて、タイトルが出ながら
脇にいるアスカも見えてきて、っていう演出をイメージしたりしました。ちょっと古いアメリカ映画みたいだけど。


>「ただ唯一、僕の存在だったものを除いて」

ここだけ一瞬読み取りに手間取りましたけど、読んでいけばわかるし。

>君が赦してくれたから、僕はここにいる

こういう気になるフレーズを挟むのが本当に上手い。憎い(笑)

でも特にタイトルかな。指定席。完璧です。


そんな品質の良いSSなので、ちょっとメールをお送りしました。
怒るかもしれないけど、許してちょ!っていうね(笑)
メンテ
Re: 指定席 100913 ( No.2 )
日時: 2010/09/14 22:47
名前: tomo

 最近、私は今までになく作品を書いているんですけど、だんだん一つのパターンが出てきたんですね。
 よくいえばオリジナリティ。悪く言えば、マンネリっていうか。
 んで、そのパターン、どこかで見たことがあるんじゃないかなって思っていたんですけど、この作品を読んでちょっとびっくり

 あれ、私のパターンって、aba-m.a-kkvさんのパクリ?!

 読んでいてそう思えるくらい場面転換や文章校正が自分の感性にしっくりきてしましました(全然aba-m.a-kkvさんにはかないませんけど)。
 なんというか、わたしでもこんな風に書くかなっていう感じです。
 自分でもそんな意識なかったんですけど、知らず知らずのうちに影響を受けているのかもしれません。

 今回で一番心に残ったのはやっぱりこの言葉

 「君の傍ほどのものはないよ」

 これをいって様になるのは、やっぱりカヲルクンぐらいでしょうね。
 いいなぁ〜(笑) 
 

メンテ
Re: 指定席 100913 ( No.3 )
日時: 2010/09/15 01:17
名前: aba-m.a-kkv

■ののさん
感想ありがとうございます。
褒めていただいて、照れます。笑
情景を言葉に変換しているものとしては、映像が浮かんだといってくださるのがうれしいです。
カヲル君の台詞はいつも難しいながら、楽しいんですよね。
彼だから、って台詞は多いですし。

タイトルは、悩みましたが、良かったです。
ダイレクトに本文中には出てこないけれど、作を一番顕すような、ということで。
いろいろ考えたんですが、これしかないかな、と。

いやー今回は特に、この話を書いてよかったなと思いました。
物語が物語を呼ぶとは。物書きとしてこういう想定外は嬉しくて楽しくて仕方ないです。笑
というわけで、ののさん、よい頃合でやっちゃってください!

さあ、みなさん、たいへんですよ。



■tomoさん
読んでくださってありがとうございます。
LAKをtomoさんに普通に読んでもらえて、私は嬉しいですよ。

小説書いてると、面白いほどそうなっていきますよね。
漫画家の絵が落ち着いていくみたいに。
自分の色、あるいは自分が作り出している書き手の色、というか。
同じ書き手でも、オリジナルと二次創作では違ってきたりするのも面白いです。

私とtomoさんのパターンが似ているかどうかは私には良くわかりませんが、似ていてもやっぱり違う色なんじゃないかなーとおもいます。
書き手と作品が連なる場にあって、そこらへんがまた楽しいものです。

ののさんが上げてくれた台詞然り、tomoさんが上げてくれた台詞然り、こんな言葉を書かせてくれるカヲル君に感謝。笑


メンテ
Re: 指定席 100913 ( No.4 )
日時: 2010/09/16 05:09
名前: tamb

 いいフレーズを上げていくのがトレンドのようなので(笑)、それに従いますと

> アスカのボルテージが上がっていくのを掌の上に転がしながら

 やはりここでしょう。こんな風にアスカを転がせるのはカヲルだけ。

 まあしかし、キザだバカップルだと言っても、この二人だとはまってしまうんだよな。私が
思うに、こういう感じのいちゃつき具合を、例えばトウジは許さないだろうし、マナも許さな
いだろう。だからトウジには「ぬあにを抜かしとんじゃおのれら!」と叫びながらキックをか
まして欲しいし、マナには無言でフライングボディアタックを敢行して欲しい(笑)。ムーンサ
ルトプレスでも可。

> 私とtomoさんのパターンが似ているかどうかは私には良くわかりませんが

 私にも良くわかりません。これは実際に書いてる本人じゃないとわからないことなのかも。
私も書いてて、あ、誰々に似てる、と思うことはある。数少ない例外を除いてはまず言わない
けど。

メンテ

Page: 1 |

題名 スレッドをトップへソート
名前
E-Mail
URL
画像添付
JPEG/GIF/PNG



動画URL  YouTube】【ニコニコ動画】【ClipCast】【LiveLeak】の動画を貼れます
パスワード (記事メンテ時に使用)
投稿キー (投稿時 投稿キー を入力してください)
コメント

   クッキー保存