トップページ > 記事閲覧
retakeのLRSバージョンです。
日時: 2010/10/27 22:07
名前: wogkr8023   <wogkr8023@naver.com>
参照: http://blog.naver.com/wogkr8023/

こんにちは、韓国人の中学生 鄭 載學 です。
私は日本語が全くわからないので、Googleの翻訳を介してあげます。
小説を一つオルリニよく見てください。


retakeのLRSバージョンです。




Take Again

episode 00 - prolog -



スァアア、

スァアア、





血のように赤い海の水が波打つ海岸沿いには、制服を着た中学生くらいの体格の少年が一人座っていた。赤い海の向こうには、白の巨大な物体が見える。自由の女神像は、笑えるほど巨大な女性の頭上のように見える。特異な点がある場合は、赤い瞳に白い肌、そして頭の中にひびが入って割れた目で笑顔ができるという点くらいかな...





碇シンジ、海岸沿いに座っているその少年の名前である。

第3新東京市シリム第1中学校2 - A組碇シンジであり、

対サドヨン汎用人型決戦機動兵器エヴァンゲリオンテストタイプ初号機のパイロット、サードチルドレン碇シンジである。



そして、世界には今、その少年以外に生命体は存在しなかった。プールハンポギ、蟻一匹さえも..



先ほどまでの碇シンジの隣で生きていた最後の存在、ソリュアスカラングレイヌン、最後までシンジを拒絶し、最後の一言で『キモイ』一言だけで、赤のプラグスーツと包帯を残してLCL化してしまった。



碇シンジは絶望していた。

自分は最後まで守ってくれた人ははただ『綾波レイ』の一人だけだ。しかし、自分は..

赤ら顔青模擬アルビノの美少女であり、自分の母碇ユイのクローンであると同時に、リリスの魂の器でもあるグソニョルル、自分はグソニョウイの正体を知って恐怖に震えながらお断りしてしまった。



今になって考える。

綾波レイは、彼女の精神的支柱ともすることができた自分の父、碇ゲンドオウイ補完計画を拒絶し、彼女を拒絶していた自分の願いを行われて消えた。



何度も考えてもやっぱり自分は馬鹿シンジだと思う。チェソダ。

『今なら綾波が好きことがあるはずなのに...'無駄な自己満足である。

自助の笑いさえ出てこない。

自分のせいでサードインパクトは起きてしまった。それも最悪の形で、すべての生命は、LCLに溶けて一つになってしまった。彼らは幸せだろうか?



幸せかもしれない。

しかし、自分自身は、このような世界が嫌いだ。帰りたい。

『その時』に、自分が幸せだとすることができた時に、しかし、無駄な夢である。

と思いながら。碇シンジは、ゆっくりと、心を閉ざしていた。



-------------------------------------------------- -------------------------------------------------- --------------



ツ -

ツ -

ツ -





電子音が聞こえてくる。

自分が何度かの使徒に負けたときに載ってきたICU(救急室、集中治療室)にある心電図の機械の音と似ている...だと思う。



目を開けると、知らない天井...ではなく、今ではおなじみの真っ白なNERV病室の天井のようだ。

誰か他のサードインパクトの生存者が救ってくれたのだろうか?...と推測する。



横に目をやると青い髪の赤い目を持つ少女が見える。

綾波レーダー。本を読んでいるのか、視線を下に向いており、ケンゴトウル気づいては払っていないようだ。



"夢か...昔の記憶を見るなんて..ジルナプン悪夢か?"



"起きたの?"



"綾波!"



"夢だったのか!?、綾波ここはどこだ?いや、私はどのくらい寝てたんだ?"



"NERVの病院...第12使徒に碇くんが吸い込まれた後、3日目に寝ていた...今は、日曜日の午前1230時.."



"........"



シンジの目からいきなり涙が出てくる。



"なぜ泣いている?"



"何でもない...綾波、ずっとそばにいてくれたんだ?"



うなずくレイ、



"そうか、ありがとう..."



真心を込めて返事シンジは涙ぐんだ笑顔を浮かべる。



そして、涙をぬぐっては、自分の手を見下ろしては、飛び上がるほど驚く..



シンジの両手のひらには...ロンギヌスウイウィンドウクウェツルリョトオトドン跡『聖痕』が残っていた....



"夢がなかったにか....."



もしそうなら、なおさらヒムネジばならない。今回は、必ずすべてを保ちたいと思う、いや、ジキョアする。

そして何よりも、誰よりも自分自身を最後まで見守ってくださった綾波レイを保つ。と決意するシンジであった。



綾波が言う



"お医者さんが..起きれば退院してもなると教えてくれました..."



"そうかというと、退院するだろうか?お腹もすいて...綾波はー・ィケでしたか?アンモクオト場合のように.."



シンジの言葉のまま終わる前に、ダダダだし、走る音がして、病室のドアが『いきなり!開かれる。

飛び出してくるなり、シンジを抱きしめてベッドに押す人は....

葛城ミサトだった....



"神&#12316;ちゃん&#12316;!"



ミサトは涙、鼻水に混ざった顔でほぼウルブジトドゥトイ言う。



"シンジ君が起きたのを病室の機器にだけ分かって走ってきた...大丈夫か?使徒に吸い込まれて入っていたんじゃないの?

頭部はアンアポ?精神汚染はないのですか?なぜ命令に違反したんだ?!もちろん、適切な作戦を提示することができなかった自分のせいもあるが.... "



なんだか最初は懸念している途中ますます追及に変わっていくミサトだった。



"美里さん...スムマクヒョヨ..前にいいのですが...そして、コマンドをオギンゴン申し訳ありません..しかし、その前にお腹がゴプンデ....."



"まあ、無事だからいいよ、お腹がすいているか?、シンジ君の料理を食べたいと思うが、..ただいま起きたの人に料理をさせるのはちょっとだから、...のようなレストランに行こう![完了]昼休み井口..医師が退院も可能だよしたから、このお姉さんがソルゲ!"



"じゃあ綾波も一緒に行かない?"



少し目が大きくなり、驚くようなレイ、



"気にしない..."考えてみれば、シンジはレイとご飯を食べたことがあまりない。



それからまた、受信した少女がいた。

赤い髪に青い目を持つ少女は、最後までシンジを拒絶していた少女は、ソリュアスカラングレイだった。



"あれ、馬鹿シンジ、起きたの?"



"えっ!アスカ?"

少し驚きながらも、『その世界』を思い浮かべながら、もう一度すべてを守るという覚悟を固めるのシンジだった。



"どうしたの?しんちゃん、アスカを見て驚いてなんて...アスカも米アンモクオトジ?のようなレストランでも行こう。"

と言うミサトだった。



食堂で碇シンジは、サムイルガン飢えた状態だったためか、いつもの倍はされている量の食べ物を食べた。



昼食の後、シンジは葛城家で、レイはレイの部屋に帰宅した。ミサトはまだ仕事があり、アスカはヒカリネ家に行って遊んでいて夕方や、帰ってきたという。



そして、今後の行動を考えながら一人で帰宅したシンジは...またしても驚かされた。



葛城ミサトの家を破壊する能力は、本当に人間の境地を飛び越える..と考えているシンジだった。

葛城家の入り口からゴミ捨て場だった。シンジはその場できれいに着手した。



&#49464;&#49884;&#44036;後、..シンジの血のにじむ努力で葛城家は再びキラキラと光やは、一般家庭に変わった。そのインウェマギョンウルこんなにも変えるシンジやはり人間の域を脱したのではないか...?という気がする。



家の掃除や滞った家事を終えたあと、シンジはこれからの事を考えていた。



次の使徒は、三湖期に侵食していた。自分のユユブダンハムので、山の差が起動され、トウジは片足を失ったし、瞬く間に弐号機は処断当該アスカのプライドも傷ついだったし、何よりもレイのではなく、零号機の腕が切り取ら行っただった。



午後四時半、三湖機ではなく、バルデエルを倒す方法を工夫し、レイを、すべてをどのように碇シンジは、夕方の買い物をしていた...









-------------------------------------------------- ------------------------------------



はい....何かの仕上がりがオソルプネヨ...

私は日本語が全くわからないので、Googleの翻訳を介してあげます。

まあジュンサムチャリガスンゴニとてもがっかりして飲んで...




はぁ..移住後にしてみましょう....
メンテ

Page: 1 |

題名 スレッドをトップへソート
名前
E-Mail
URL
画像添付
JPEG/GIF/PNG



動画URL  YouTube】【ニコニコ動画】【ClipCast】【LiveLeak】の動画を貼れます
パスワード (記事メンテ時に使用)
投稿キー (投稿時 投稿キー を入力してください)
コメント

   クッキー保存